三田ラグビークラブジュニア

国際交流

シドニーのラグビークラブと定期的に交流

三田ラグビークラブは、1997年から、オーストラリアのワルンガ・ラグビークラブと国際交流の活動を行っています。1997年10月に初めてワルンガ・ ラグビークラブの11歳、12歳、13歳のプレーヤーからなるツアー・メンバーを三田に迎えてから、翌1998年には三田ラグビースクールの5年生、6年 生と中学1年生が初めてワルンガを訪問し、以降毎年お互いのクラブを訪問しています。

ワルンガのマップと紹介ワルンガはオーストラリアのシドニーの北部郊外に位置し、人口6,000人ほどの静かで緑豊かな街です。ワルンガ・ラグビークラブ(愛称:ワルンガ・タイ ガーズ)はこの街で1962年に創立されたジュニア・ラグビークラブで、現在クラブはロブ・マックィーン会長のもと、かってのオーストラリア代表選手デェ イビッド・キャンピージ氏を後援会長に、6歳から16歳の子供達およそ500名がプレーしています。

この秋、ワルンガ・ラグビークラブとの交流10周年を迎え、五度目のワルンガ・ラグビークラブの遠征団を三田に迎えます。9月23日から10月4日までの 滞在で、10周年式典をはじめ各年齢別と両クラブのシニアチームの交流試合等のスケジュールが予定されています。ラグビーというスポーツを通じて、ワルン ガ・ラグビークラブと三田ラグビークラブの二つのクラブ間で、そして日本とオーストラリアの間で、国際交流がこれからもさらに成長発展していくことを目指 していきます。

ワルンガ・ラグビークラブ ホームページへ

国際交流イメージ 国際交流イメージ  国際交流イメージ 国際交流イメージ 国際交流イメージ  国際交流イメージ